社会保険労務士の試験概要

社会保険労務士の試験に関する情報をまとめてみましたのでご紹介させていただきます。

受験資格

大きく分けて3つの分類があり、その中のいずれかを満たしている場合、社会保険労務士試験を受験することが出来ます。
※記載内容については「社会保険労務士試験オフィシャルサイト」の説明を引用

学歴
  • 学校教育法(昭和22年法律第26号)による大学、短期大学若しくは高等専門学校(5年制)を卒業した者(専攻の学部学科は問わない)
  • 上記の大学(短期大学を除く)において学土の学位を得るのに必要な一般教養科目の学習を終わった者 上記の大学(短期大学を除く)において62単位以上を修得した者(卒業認定単位以外の単位を除く)
  • 旧高等学校令(大正7年勅令第389号)による高等学校高等科、旧大学令(大正7 年勅令第388号)による大学予科又は旧専門学校令(明治36年勅令第61号)による専門学校を卒業し、又は修了した者
  • 厚生労働大臣が認めた学校等を卒業し又は所定の課程を修了した者
    ※厚生労働大臣が認めた学校はこちらを参照
  • 修業年限が2年以上で、かつ、課程の修了に必要な総授業時間数が、1,700 時間以上の専修学校の専門課程を修了した者
実務経験
  • 労働社会保険諸法令の規定に基づいて設立された法人の役員(非常勤の者を除く。)又は従業者として同法令の実施事務に従事した期間が通算して3年以上になる者
  • 国又は地方公共団体の公務員として行政事務に従事した期間及び特定独立行政法人、特定地方独立行政法人又は日本郵政公社の役員又は職員として行政事務に相当する事務に従事した期間が通算して3年以上になる者(注)日本郵政公社の役員又は職員として従事した期間と民営化後(平成19年10月 1日以降)の従事期間の通算はできません。 全国健康保険協会、日本年金機構の役員(非常勤の者を除く。) 又は従業者として社会保険諸法令の実施事務に従事した期間が通算して3年以上になる者 (社会保険庁の職員として行政事務に従事した期聞を含む。)。
  • 社会保険労務士若しくは社会保険労務士法人又は弁護士若しくは弁護士法人の業務の補助の事務に従事した期間が通算して3年以上になる者
  • 労働組合の役員として労働組合の業務に専ら従事(いわゆる「専従」という。)した期間が通算して3年以上になる者又は会社その他の法人(法人でない社団又は財団を含み、労働組合を除く。以下「法人等」という。)の役員として労務を担当した期間が通算して3年以上になる者
  • 労働組合の職員又は法人等若しくは事業を営む個人の従業者として労働社会保険諸法令に関する事務(ただし、このうち特別な判断を要しない単純な事務は除く。)に従事した期間が通算して3年以上になる者
国家資格取得による受験資格
  • 社会保険労務士試験以外の国家試験のうち厚生労働大臣が認めた国家試験に合格した者
    ※厚生労働大臣が認めた国家試験はこちらを参照
  • 司法試験予備試験、旧法の規程による司法試験の第一次試験、旧司法試験の第一次試験又は高等試験予備試験に合格した者
  • 行政書士となる資格を有する者

試験の申込み

毎年4月中旬~5月下旬の期間で受付を行っております。
申込み方法としては、「全国社会保険労務士会連合会 試験センター」に申込み情報を郵送するか、窓口で直接渡す方法の2通りあります。

受験料

9,000円

支払は受験手数料払込用紙を使って提携してるコンビニ、もしくは郵便局、ゆうちょ銀行で行います。

試験日

年に1回、毎年8月の第4週に実施されます。

試験会場

21都道府県内の31ヶ所の会場
※変わる可能性もあるので、詳しくは試験センターのホームページで確認

試験形式

■選択式
試験時間:80分

文章中の5つの空欄に当てはまる語句および文章を20の選択肢から選ぶ試験方式
労働科目、社会科目から各4問ずつ、計8問出題されます。
配点は穴埋め1個1点の5個×4問×2科目で合計40点満点となってます。

■択一式
試験時間:210分

5つの文章の中から1つを選ぶ五肢択一方式です。
労働科目、社会科目から各35問、計70問出題されます。
配点は各問1点の70点満点となってます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ