あなたの学習のきっかけに・・・
それが私の想いです

ビジネス系資格試験対策Labはこんなブログです

こちらのブログでは、ビジネス系資格をこれから目指そうとされている方や勉強法で悩んでいる方のために、現役のサラリーマン受験生である管理人が自身の学習体験をもとに勉強のコツや学習グッズ、おすすめの資格スクールなどの情報をお届けしていきます! ご紹介していくビジネス系資格については以下のラインナップとなってます。
  • 行政書士
  • 社会保険労務士
  • 宅地建物取引士
  • ファイナンシャルプランナー(FP)
当ブログをくまなく読んで頂ければ学習のヒントが転がっておりますので、ぜひご覧になってください!

各資格試験のおすすめ対策法!

ビジネス系資格試験といっても、その内容はさまざまであり、難易度に応じて軸で考える勉強法は分かれてくるといってもよいでしょう。 こちらのブログでご紹介するビジネス系資格の試験対策については以下の対策法をベースに考え、自分自身にどう合わせ込むか?を考えていくのが一番ストレスを感じない方法だと言えます。

行政書士

難易度 :高 ベースとなる知識・学力にもよりますが、独学での試験対策はかなり険しい道のりになりますので、軸とする学習方法は資格スクールを前提に考えていけばよいでしょう。 そこから自分に足りないものを補完していけば、学習スタイルが確立出来ます!

社会保険労務士

難易度 :高 試験の難易度や内容に関しては行政書士とよく似ており、試験対策方法についても同じく資格スクールを前提に考えていきましょう。 (補足) 資格スクールといっても通学、通信の両方がありますので、今の生活環境を踏まえてベストな選択が必要です。 ちなみに最近では、こういう社会保険労務士の通信講座をまとめたサイトも多くありますので、用途に応じてチェックしてもイイかもしれませんね^^

宅地建物取引士(旧:宅地建物取引主任者)

難易度 :中 宅地建物取引士については、基本的には独学を軸に学習を進めるのがベターです。 ただし、テキスト中心の学習で得点力が養えないと感じたら、資格スクールが展開している単科講座などを取り入れて補強をしていくのが良いでしょう。 なお、こちらの資格、2015年4月より呼称が宅地建物取引主任者から宅地建物取引士に変更されます。 いわゆる士業資格の仲間入りを果たしますので、近い将来、今の難易度から上がる可能性も否定できません。。

ファイナンシャルプランナー(FP)

難易度 :低~中 FPについては、3級から1級まで資格等級が分かれており、3級は基本独学、2級以上は状況に応じて資格スクールで学習したほうが効率がよいかと思います。 2級の合格率は決して低いわけではありませんが、甘く見ていると足元をすくわれますので、参考書を読んで理解に苦しいようであれば学校の門を叩いてみましょう!

最新情報

2016年2月8日
資格試験情報
【易化?】平成27年度の行政書士試験の結果発表
平成27年度の行政書士試験の結果が発表されましたが、その合格率は13.1%と平成18年度からの新制度に移行以来、最も高い合格率となっております。 (平成26年度は8.27%だったので、約1.5倍の高さ) もともと本試験が・・・
2015年1月20日
資格試験情報
社会保険労務士の試験概要
社会保険労務士の試験に関する情報をまとめてみましたのでご紹介させていただきます。 受験資格 大きく分けて3つの分類があり、その中のいずれかを満たしている場合、社会保険労務士試験を受験することが出来ます。 ※記載内容につい・・・
2015年1月17日
資格試験情報
宅地建物取引士の試験概要
宅地建物取引士の試験に関する情報をまとめてみましたのでご紹介させていただきます。 受験資格 年齢、学歴、国籍等の制約はありません。 誰でも受験することが出来ます! 試験の申込み 毎年7月上旬から下旬までとなってます。 申・・・

【易化?】平成27年度の行政書士試験の結果発表

平成27年度の行政書士試験の結果が発表されましたが、その合格率は13.1%と平成18年度からの新制度に移行以来、最も高い合格率となっております。 (平成26年度は8.27%だったので、約1.5倍の高さ) もともと本試験が・・・

社会保険労務士の試験概要

社会保険労務士の試験に関する情報をまとめてみましたのでご紹介させていただきます。 受験資格 大きく分けて3つの分類があり、その中のいずれかを満たしている場合、社会保険労務士試験を受験することが出来ます。 ※記載内容につい・・・

宅地建物取引士の試験概要

宅地建物取引士の試験に関する情報をまとめてみましたのでご紹介させていただきます。 受験資格 年齢、学歴、国籍等の制約はありません。 誰でも受験することが出来ます! 試験の申込み 毎年7月上旬から下旬までとなってます。 申・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ